平成29年度 中学生チャレンジプロジェクト (1)

 

 (公財)松山国際交流協会は、毎年夏に実施する「まつやま中学生海外派遣事業」で、松山市の姉妹・友好都市に未来を担う青少年を派遣し、本物の異文化を体験してもらい、国際性豊かな人材の育成に努めています。
この「まつやま中学生派遣事業」の事業効果をより高いものにするため、海外派遣事業への応募を志す松山市内に住む中学生に、派遣事業に応募する前年度に「中学生チャレンジプロジェクト」に登録してもらい、さまざまな国際交流活動に一定以上参加して経験を積んだ上で、海外派遣事業に応募してもらうことにしました。
この「中学生チャレンジプロジェクト」は、海外派遣に応募するにあたり、在住外国人との交流や異文化について学んだり、多文化共生についてあらかじめ理解してもらった上で、「まつやま中学生海外派遣」事業での派遣先で実際にさまざまな経験をしてもらい、松山の国際化に貢献してもらうことを最終目的としています。

 

 平成30年度夏(2018年夏)に実施予定の「まつやま中学生海外派遣」事業への応募を希望する松山市内に住む中学生は、平成29年度(2017年4月〜2018年3月)に実施する中学生チャレンジプロジェクトにあらかじめ参加登録した上で、ポイント対象の国際事業に一定数以上参加し、応募に必要なポイントを獲得しなければなりません。
(平成30年度まつやま中学生海外派遣事業の応募するために必要なポイント数は4ポイントです)

 

1. 松山市内に住む中学校1・2年生
2. 世界の国々に興味があり、将来、松山での国際交流活動に積極的に参加する意欲のある中学1・2年生

 

 平成29年4月23日から平成29年9月30日まで

※チャレンジプロジェクトに登録を希望する人は、平成29年9月30日までに登録をしてください。9月30日を過ぎると登録ができませんのでご注意ください。

 

 まずは、まつやま国際交流センターのカウンターに直接来て、中学生チャレンジプロジェクトの内容や登録方法の説明を受けることから始まります。(説明を聞きに来る日時を、あらかじめまつやま国際交流センターに連絡してから来てください。
チャレンジ
プロジェクト
の説明を受ける

登録を希望する
人は、登録
手続きをする
(随時受付)
説明会に参加、またはまつやま国際交流センターのカウンターで、中学生チャレンジプロジェクトの内容や登録方法について説明を聞き、参加したいと思った中学生は登録手続きをしてください。
その時に、チャレンジプロジェクト用のパスポートを渡すので、無くさないようにボールペンなどで自分の名前を書いて下さい。家に帰ったら、パスポートの裏表紙に書いてある6項目について、Eメールでまつやま国際交流センターに送ります。
以上で、正式に登録手続きが完了します。
(登録手続きは、中学生本人のみ可能です。※保護者の代理手続き不可。そのため、まつやま国際交流センターのカウンターへは、中学生本人が必ず来てください。)
ポイント対象の
国際交流事業
に参加
まつやま国際交流センターから、登録したEメールアドレス宛に「ポイント対象事業」の案内を送ります。内容をよく読んで、参加したい事業に申し込みして下さい。
※会場の大きさの関係などのため、定員を超える申込者があった時は、抽選で参加者を決定することがあります。
国際交流や
異文化理解・
多文化共生など
について学ぶ
さまざまなポイント対象事業に参加し、自ら体験することで、国際交流や異文化理解・多文化共生などについて学びます。また、ポイント対象事業に参加した登録済の中学生には、チャレンジプロジェクトのポイントを差し上げます。
(獲得できるポイント数は、メールでの案内時にお知らせします)
登録した
年度末までに
4ポイント獲得
平成30年度の夏に実施予定の「まつやま中学生海外派遣」事業に応募するためには、平成29年度末(2018年3月末)までに、いくつかのポイント対象事業に参加し、4ポイント以上獲得する必要があります。
翌年度の
まつやま
中学生海外派遣
に応募
前の年度に4ポイント以上獲得している中学生の自宅に、郵便で4月上旬頃に直接「まつやま中学生海外派遣」事業の応募書類を送ります。締切日までに応募書類と、ポイントのスタンプがある「チャレンジプロジェクトのパスポート」と必要書類を提出してください。
派遣生の選考 面接で、アメリカ班・ドイツ班・韓国班の派遣生をそれぞれ選考します。(選考基準は同じです)
海外派遣の
事前研修
派遣生に選ばれたら、6月〜7月の間に4回実施される事前研修に必ず参加してもらいます。事前研修では、「中学生チャレンジプロジェクト」で学んだ事以外に、派遣生としての心構え、派遣先の姉妹・友好都市の文化・歴史などについて学んでもらいます。
海外派遣 7月下旬〜8月上旬の間に、アメリカ・ドイツ・韓国に派遣され、中学生チャレンジプロジェクトや事前研修で学んだ成果を実践してもらいます。
派遣事業の
報告会
それぞれの派遣先で体験したこと、学んだことなどについて報告会で発表します。報告会が終わってからも、学校や地域、家庭などでも自分の体験をできるだけ多くの人に伝えるようにしてください。
松山の国際化
に貢献
将来、松山で開催される国際交流活動に積極的に参加したり、松山に住む外国人が困っている時に手助けをしたりして、松山の国際化に貢献できるように努力を続けてください。

スケジュールは変更する場合があります

 それでは次に、「中学生チャレンジプロジェクト」のポイント対象となる主な事業の例について、次のページで説明します。
   

 

トップページ                         ポイント対象事業の主な例

Copyright (c) 2000- Matsuyama International Center. All rights reserved.